トライフォース五反田について

トライフォース五反田は「初心者のための道場」として毎日初心者向けのクラスを開講しています。

代表の中山は自身が40才を越えての大会優勝歴を持ち、インストラクターの秋川は格闘技未経験だった30代OL時代にブラジリアン柔術を始めました。

そのためトライフォース五反田には、中年初心者が道場ライフを楽しみ続けるためのメソッドが豊富にあるのです。

インストラクター全員が、クラスに参加してくれる会員の皆さん、一人ひとりの目的を大切にし、その実現を第一に考えたパーソナルな指導を心がけています。

会員の多くはサラリーマンの方々で健康維持や運動不足解消のために趣味としてブラジリアン柔術を始めた方ばかりです。

その一方でトライフォース五反田は、全日本マスター大会やアジアノービス大会での団体優勝歴を持ち、世界マスター大会優勝者も輩出しており、あらゆるレベルの大会で好成績を収めています。

「大人の部活」としてさまざまなライフスタイルの方が通えるよう、平日昼クラス、夜10時半までのクラス、土日祝日クラスを設けています。

また、会社帰りに手ぶらで通える「道着キーピング」「レンタル道着」などのサービスもあります。

3才のお子さんから50代のサラリーマンまで老若男女さまざまな方々が居心地の良さを感じ集う場所です。